診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

重いものを持ち上げたり、くしゃみをしたり、急な腰の反り返しなどによって受傷することが多く、正式には急性腰痛症と呼ばれています。

急性の腰痛を起こすものには内臓疾患や腫瘍などもあるため、まずは医療機関の受診をおすすめします。

ぎっくり腰

 

 

原因

重いものを持ち上げた際、床の荷物を取ろうと前かがみになった際の受傷が多いと言われています。また、ぎっくり腰を起こしやすい要因として以下のものが考えられます。

  • 腰に負担の大きい姿勢、動作(長時間の立ち仕事、中腰姿勢など)
  • 疲労
  • 運動不足

 

 

症状

寝返りや起き上がり動作、前かがみ姿勢などによる運動時の腰部痛が主な症状で、安静時の痛みは少なく、いつ痛めたのか、いつから痛いのかが明確なものが特徴です。

 

 

診断

画像では異常がない事が多く、8割は原因不明と言われています。検査では骨折の有無、神経を圧迫していないかなどを確認します。

  • 問診
  • レントゲン
  • MRI
  • 神経学的検査
神経学的検査

 

急性腰痛の場合は整形外科的、内科疾患が隠れていないか判断することが重要となります。

  • 脚のしびれ、排便排尿の異常(神経の圧迫)
  • 夜間痛(腫瘍がある場合)
  • 転倒の有無(骨折の確認)
  • 発熱
  • 癌の既往(癌性疼痛)

以上の様な症状がないか問診を行っていきます。

 

 

治療

  1. 薬物療法 …消炎鎮痛の内服を行い疼痛の軽減を図ります。
  2. 運動療法 …症状に合わせたリハビリを行っていきます。
  3. 物理療法 …電気刺激療法により筋肉の緊張緩和を行います。
  4. 装具療法 …コルセットにより患部の安静を保ちます。

 

 

リハビリテーション

動作指導

動作指導1

 

動作指導2

スポーツ復帰の時期や治療内容などは医師・機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談ください。