診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

腰部椎間板ヘルニア

腰部椎間板ヘルニアとは

背骨は椎骨という骨と椎間板というクッションが積み重なってできています。
椎間板は中に髄核というゼリー状の組織が入っており、その髄核が飛び出して近くの神経を圧迫することで痛みやしびれなどの症状を引き起こす疾患です。

腰部椎間板ヘルニアとは

 

 

症状

  • 腰痛、背部痛、頚部痛
  • 感覚障害 手、足のしびれ
  • 筋力低下
  • 坐骨神経痛

腰部椎間板ヘルニアの症状

症状は主に痛みと神経症状に分けられます。神経には運動神経と感覚神経があり感覚異常は手足のしびれや感覚の低下など、運動神経の場合は力が入らなくなったり、筋力低下が起こります。

 

 

原因

  • 椎間板の加齢による変化
  • 椎間板への過度の負担(前屈で重いものを持つ等)

加齢に伴い椎間板の水分量が減り損傷されやすくなります。また前屈作業などは椎間板への圧迫ストレスとなります。

診断

  • 神経症状の誘発テスト(痛み、痺れ等)
  • 筋力、感覚の検査
  • 画像検査(MRI、脊髄造影)

腰部椎間板ヘルニアの診断

治療

  • 安静
  • コルセット
  • 薬物療法
  • 神経ブロック注
  • 物理療法
  • リハビリ

 

  1. コルセットを装着し腰への負担の軽減。症状の強い場合には安静にします。
  2. 飲み薬や、注射にて痛みを軽減させます。
  3. 動作訓練や筋力強化を実施していきます。

運動療法

  • 周囲筋の柔軟性トレーニング
  • 体幹トレーニング
  • バランストレーニング
  • 日常生活動作・仕事動作指導

安静にすることで関節が硬くなったり、筋肉が弱くなっていくため、関節可動域訓練や筋力増強運動などを痛みに応じておこなっていきます。

腰部椎間板ヘルニア 股関節のストレッチ 体幹の筋力強化

また、日常生活や仕事の動作で腰に負担のかからないような動作を指導していきます。

腰部椎間板ヘルニア 腰に負担が掛かる動作から、脚を使った動作へ変更します

スポーツ復帰の時期や治療内容などは医師・機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談ください。