診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

腸脛靭帯炎(ランナー膝)/ちょうけいじんたいえん

自覚症状

・長距離や坂道を走ると膝の外側が痛くなる。

・膝の外側を押すと痛い。

・お尻の外側の筋肉が張る。

診断

・大腿骨外側顆周囲の圧痛、熱感

・押したり、曲げ伸ばしを行ったりした際、疼痛が生じるかのストレス検査

MRI・・・腸脛靭帯周囲に高信号域の炎症所見等

 runner1

機序

腸脛靭帯は、骨盤や臀筋、大腿の外側から繋がっており、大腿骨外側上顆の外側を通る。

①長距離や坂道を走ることにより、膝関節の屈伸を繰り返す。

②腸脛靭帯と大腿骨外側上顆が擦れ合う。

③摩擦を繰り返し、腸脛靭帯の炎症を生じる。

runner2

治療

runner3

・安静:痛みがなくなるまではスポーツ活動の制限を行い、安静にする。

・薬物療法:消炎鎮痛剤や注射などを使用し患部の炎症軽減を図ります。

・理学療法

①ストレッチ大腿筋膜張筋や大殿筋のストレッチを行い、腸脛靭帯に繋がる組織の柔軟性を向上する。柔軟性を高めることで腸脛靭帯にかかる負担を軽減します。

runner4

②物理療法超音波などを使用し、患部の炎症軽減行う。

runner5

③動作指導ランニングフォームや歩行動作、筋力強化練習の動作姿勢を改善し、腸脛靭帯への負荷を軽減させる。

runner6

スポーツ復帰の時期や、治療内容などは医師、機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談下さい。