診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

リトルリーガーズショルダー (上腕骨近位端骨端線離解)

病態・原因

骨端線閉鎖前の成長期に、繰り返す投球動作によって生じる投球障害です。15歳未満の成長期では、上腕骨近位端の成長軟骨に障害が起こります。投球動作で上腕骨にかかるひねりのストレスと投げ込むときに起こる上肢への牽引力、さらにその動作を行う際に働く筋肉の張力による負荷が成長軟骨部分に作用します。
 投球数の多さによる疲労性のストレスが蓄積することで徐々に損傷していきます。

リトルリーガーズショルダー 病態・原因

 

 

症状

  • 投球時や投球後の肩関節痛で外傷歴はない。
  • 成長軟骨に一致した限局性疼痛、上腕骨の強制回旋による疼痛。
  • 成長軟骨に一致した限局性疼痛、上腕骨の強制回旋による疼痛。

原因

リトルリーガーズショルダー 原因

 

  • オーバーユースやコンディショニング不足。
  • 股関節や体幹、肩関節の柔軟性不足。
  • 筋力低下。

 

 

診断…X線

レントゲンでの骨端線の離解や程度を判断します。また、経過をおって撮影していくことで損傷部分の修復具合や転位の程度を診ていきます。br />  両肩撮影することで診断します。

リトルリーガーズショルダー 診断

 

 

治療

投球動作を禁止し安静が基本となります。
転位のある骨端線離解は整復処置やギプス固定となることがあります。
疼痛が軽減次第、患部外の運動療法、徐々に肩関節周囲のトレーニングを行っていきます。

リトルリーガーズショルダー 治療

 

 

運動療法

①関節可動域訓練…股関節・体幹・肩関節

リトルリーガーズショルダー 関節可動域訓練

※体幹は様々な動作を行いながら、投球動作に必要な柔軟性を改善していきます。

 

②筋力増強運動

リトルリーガーズショルダー 筋力増強運動

 

 

③投球動作

リトルリーガーズショルダー 投球動作

青少年の野球障害に対する提言より抜粋

青少年の野球障害に対する提言

※1日2試合登板禁止

 

スポーツ復帰の時期や、治療内容などは医師、機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談下さい。