診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

腱板損傷

腱板とは

①棘上筋、②棘下筋、③肩甲下筋、④小円筋の4つの筋肉から構成されており、ローテーターカフやインナーマッスルといわれています。腕の骨(上腕骨)と肩甲骨をつなぐ板状の腱で、腕を上げたり下げたりするときに、上腕骨頭と肩甲骨がずれないように保つ働きがあります。
これらの腱が断裂すると腕の上げ下げで痛みや引っ掛かりなどの症状が出ます。

腱板とは

 

 

症状

  • 40歳以上の男性に多く発症し、発症年齢のピークは60代といわれています。
  • 動きの制限は少なく、腕を上げて下ろすときに痛みがでたり、引っ掛かってうまく下ろせないなどの症状が起こります。
  • 反対の腕で痛い方の腕を持ち上げれば上がるが、自力で持ち上げようとすると痛くてあがらない。
  • 注射でも取れにくいような頑固な夜間痛が続くことがあります。

肩関節周囲炎との違いは 関節の動きが硬くなることが少ない

 

 

原因

年齢層によって異なり、中年以降では非外傷性、若年層では外傷性の発症が多くなります。

1.非外傷性
加齢により腱が痛んだり、弱くなると日常生活での使いすぎにより損傷します。
2.外傷性
転倒して腕をついたり、ひねったりしたときに生じます。
野球やバレーボールなどのオーバーヘッドスポーツなどの使いすぎにより損傷します

 

 

診断

①肩関節挙上時痛…自分で挙げると痛いが、手を添えたり挙げてもらうと痛みがない。60~120°付近で痛みがでます。

肩関節挙上時痛

 

②夜間痛…肩がうずいて眠れない。痛みで目が覚める。

③筋萎縮…ローテーターカフが細くなる。

④レントゲン検査・MRI検査・超音波検査

レントゲン検査・MRI検査・超音波検査

 

 

治療

治療

 

安静、薬物療法

 

 

運動療法

安静にすることで関節が硬くなったり、筋肉がさらに弱くなっていくため、関節可動域訓練や筋力増強運動を痛みに応じておこなっていきます。

野球肘とは

 

スポーツ復帰の時期や治療内容などは医師・機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談ください。