診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管とは

背骨に囲まれた管状の空間のことです。背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。その椎骨が積み重なってできた空間が脊柱管です。脊柱管のなかに神経、血管、靭帯などが通っており、それを保護する役割があります。

脊柱管とは

 

 

腰部脊柱管狭窄症とは

年齢を重ねると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いと言われています。

 

 

腰部脊柱管狭窄症とは

  • 間欠性跛行 (歩行などで下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じ、一時休息することにより症状が軽減し、再び歩行が可能となる)
  • 下肢の痛み・しびれ
  • 尿の出が悪くなったり、尿漏れなどの排尿障害

腰部脊柱管狭窄症とは

 

 

診断

上記の様な症状に加えレントゲン撮影によって骨の変形を評価します。より詳しく検査するにはMRIや脊髄造影などの検査が必要になります。

腰部脊柱管狭窄症 診断

 

 

治療

  1. 運動療法…症状にあわせてプログラムを組みます。痛みや症状によってストレッチや筋力トレーニングを指導します。
  2. ②装具療法…必要に応じてコルセットを処方します。

腰部脊柱管狭窄症 治療

 

 

運動療法

下肢の筋力増強・可動域訓練を行います

①下肢の筋力増強・ストレッチ

お腹を凹ませるようにして腹筋を鍛えます。体を丸めるようにしてストレッチを行います。

 

 

②動作練習

日常生活での生活動作指導を行います。

各症状に合わせた立ち上がり動作指導も行っております。

 

 

③物理療法

電気刺激療法、超音波療法にて患部の炎症軽減を図ります。

 

 

治療内容などは医師、機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談下さい。