診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

膝蓋骨脱臼とは

膝蓋骨脱臼は、膝蓋骨(膝のお皿の骨)が外傷などにより外側にずれてしまい、関節から外れてしまった状態です。膝関節の形態的特徴により、10代の女性に生じることが多く、受傷者の20~50%の方が脱臼を繰り返す「反復性脱臼」へ移行してしまいます。 膝蓋骨は、膝を伸ばす筋肉の力を効率的に伝える、滑車の役割をしています。

膝蓋骨脱臼とは

 

 

原因

ジャンプ着地などで、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が強く収縮した時や膝が伸びた状態で急に脛骨を捻じるような力が加わった時、膝蓋骨を打撲した時に起こります。 また、生まれつきの素因を持っていることが多く、膝蓋骨に対して大腿骨の溝が浅い、膝蓋骨や大腿骨の形成不全、膝蓋腱(膝の下の靭帯)の働く方向などの素因により脱臼を誘発します。

膝蓋骨脱臼の原因

膝蓋骨が外側へ脱臼することにより、内側の膝蓋骨を固定している膝蓋大腿靭帯が断裂します。 靭帯による支持性を失うことで、反復性脱臼へ繋がります。

下の写真の様な、膝が軽く曲がって、すねが外側へ捻れる様な状態では、太ももの筋肉が膝蓋骨を外側に引っ張る様に作用してしまい、赤色の矢印の方向へ膝蓋骨が脱臼します。スポーツではジャンプの着地時によくおこる動作です。

膝が軽く曲がって、すねが外側へ捻れる様な状態

 

 

症状

  • 疼痛
  • 腫脹
  • 膝に力が入らない
  • 膝崩れ(giving way)

 

 

診断

来院時には自然に整復されていることもありますが、ジャンプ、転倒などの受傷起点や、膝蓋骨の内側の腫脹、膝蓋骨の不安定性があれば脱臼を疑います。

  • レントゲン撮影…骨折の有無の確認の為、必ず行います
  • CT、MRI撮影・・・軟骨や周囲組織の損傷の有無を確認します
膝蓋骨脱臼の診断

 

 

治療

初回であり、骨折がない場合には膝蓋骨を整復(元の位置に戻す)した後に装具などで固定します。
以下の場合は手術療法が適応されます

  • 反復性脱臼
  • 初回脱臼であるが、以後、反復性脱臼になる可能性の高いもの
  • 骨折を伴うもの

膝蓋骨脱臼を繰り返すと、膝蓋骨や大腿骨の軟骨を損傷し、将来的に変形性膝関節症になってしまう可能性が高くなります。専門医と相談し適切な治療法を選択しましょう。

 

 

運動療法

  • 膝関節付近の筋力強化
  • ストレッチ
  • 脱臼を起こしやすい動作の修正
運動療法

 

 

スポーツ復帰の時期や治療内容などは医師・機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談ください。