診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

オスグッド・シュラッター病

自覚症状

1015歳の成長期に膝の下が痛くなる。

・ジャンプ動作やダッシュ動作を繰り返し行うことで、痛みが増強する

・膝下の骨が飛び出してくる。

・膝下の骨を押すと痛い、熱くなる、腫れてくる

診断

・脛骨粗面部の骨隆起と疼痛、圧痛、腫張、熱感

X線・・・脛骨粗面骨下核の不整、隆起、分離、遊離

MRI・・・脛骨粗面の腫張、膝蓋腱遠位部の炎症、脛骨骨端部の骨髄浮腫等

機序

①大腿四頭筋の伸張性が低い状態でのジャンプやダッシュなどの繰り返し。

②大腿四頭筋が付着している脛骨粗面部の成長軟骨へ過剰なストレスがかかる。

③脛骨粗面部の骨成長が異常をきたし、炎症や疼痛を生じる。

osgood1

osgood2

治療

安静:痛みがなくなるまではスポーツ活動の制限を行い、安静にする。

サポーターを使用することで、太ももの筋肉が骨に付着するところを皮膚の上からバンドで圧迫して緩めることで骨へかかる負担を軽減します。

osgood3

薬物療法:消炎鎮痛剤などを使用し患部の炎症軽減を図ります。

理学療法

①ストレッチ太ももの前のストレッチを中心に行い、下肢全体の柔軟性を向上する。柔軟性を高めることで脛骨結節部にかかる負担を軽減します。

osgood4

物理療法・・・超音波などを使用し、患部の炎症軽減行う。

osgood5

動作指導・・・ジャンプや着地動作時にハムストリングスを利用することで、脛骨粗面への負荷を軽減させる。

osgood6

スポーツ復帰の時期や、治療内容などは医師、機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談下さい。