診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

ジョーンズ骨折(第5中足骨疲労骨折)

病態

第5中足骨の基部(小指の根本)の2㎝~2.5cmのところに発症する骨折です。一度の外力で発症することは稀であり、痛みを感じて運動をし続け、反復した衝撃が加わることで発症します。治癒してもプレーを再開すると再び同じところを骨折するのが特徴です。

ジョーンズ骨折(第5中足骨疲労骨折)

 

 

原因

  • アライメント不良
  • ジャンプやステップを繰り返すことによる疲労の蓄積
  • 足の外側荷重
  • 固いグラウンドでのハードなトレーニング
  • 不適切なシューズ

 

 

症状

  • 自力歩行は可能だが、歩行時の痛みや圧痛がある。
  • 完全に折れると歩けなくなる。
  • 足の外側で荷重すると疼痛が増強する。
  • 足の甲の小指側が腫れます。

 

 

診断…圧痛・X線

早期の疲労骨折の場合はX線では判断しにくい場合があります。

ジョーンズ骨折 診断

 

 

治療

  1. 安静…免荷による安静や消炎鎮痛薬による炎症軽減、外用薬の塗布・貼付など行います。
  2. 運動療法…症状にあわせてプログラムを組みます。
  3. 物理療法…超音波などを使い、骨癒合を促します。

ジョーンズ骨折 治療

 

 

運動療法

運動療法
  1. 関節可動域訓練…安静によって生じる、足趾や足関節の拘縮を予防します。
  2. 筋力増強運動…タオルギャザーやチューブトレーニングなど行い、患部や患部外の強化を行います。
  3. 動作訓練…フットワークの矯正(小指側への偏った荷重などを修正していきます。)

小指側へかかっている体重を親指にかけることで、骨折部へのストレス軽減を図ります。

 

 

スポーツ復帰の時期や、治療内容などは医師、機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談下さい。