診療案内
一般整形外科
スポーツ整形外科
リハビリテーション
ペインクリニック
点滴療法
事故・労災
その他
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前:9:00-12:30
午後:15:00-19:00
休診日:土曜日午後・日曜・祝日

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

病態・原因

 

【定義】
股関節周辺の痛みの原因となる器質的疾患がなく、体幹〜下肢の可動性・安定性・協 調性に問題を生じた結果、骨盤周辺の機能不全に陥り、運動時に鼠径部周辺に痛みを起こす症候群

 

 

症状

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)
  • 日常生活での痛みがなく運動時に鼠径周辺部や股関節周囲に痛みが生じる。
  • サッカーでボールを蹴るときの痛みや全力で走るときなどに痛みがでます。
  • 慢性化してくると日常生活でも痛みが生じます。

 

 

原因

  • オーバーユースやコンディショニング不足
  • 股関節や体幹の柔軟性不足
  • 股関節周囲の筋力低下
  • 上半身と下半身の協調性低下

 

 

診断

サッカーなどの蹴る動作での再現痛や鼠径部周囲の圧痛により診断します。鑑別診断のためX線やMRIなどを行います。

 

 

運動療法

①関節可動域訓練…股関節・体幹

股関節周囲組織の柔軟性を改善します。

 

 

②筋力増強運動

股関節周囲組織の柔軟性を改善します。

 

 

③動作訓練

体全体の対角線を意識したフォームを習得します。

スポーツ復帰の時期や、治療内容などは医師、機能訓練士がアドバイスをしていきますので、お気軽にご相談下さい。